練馬区 大泉学園 循環器内科 生活習慣病 高血圧 不整脈 高尿酸血症(痛風) 動脈硬化 糖尿病 インフルエンザ予防接種

大泉学園駅より徒歩4分の内科・循環器内科|小野寺内科クリニック

  • 平日:9:00~12:00、15:00~18:00
  • 土曜:9:00~12:00
  • 休診:木曜日、土曜午後、日・祝

花粉症(アレルギー性鼻炎)予防・治療

花粉症の対策は万全ですか?

花粉症は日本人の4人に1人がかかっている症状で、一度発症すると治りにくいため今後も患者数は増えていくと言われています。今まで花粉症にかかっていないから大丈夫という方も油断大敵です。花粉症は、ある日突然発症し、一度発症してしまうとその後は毎年症状が出ることも珍しくありません。

この現代病ともいえる花粉症にどのように付き合っていけば良いのか、予防から治療まで解説していきます。

止まらない鼻水やくしゃみで、家事や仕事もままならない状態に

花粉症の症状が現れると、止まらない鼻水や鼻づまり・くしゃみ、目のかゆみや充血などによって、普段何気なく過ごしていた日常生活に大きな影響が出てしまいます。花粉や症状に敏感になり、家事や仕事に集中できなかったり、マスクやティッシュが手放せません。症状を気にして外出を控える方もいるでしょう。
その他、花粉症による影響は測り知れません。

  • 天気予報の花粉の飛散情報に一喜一憂する
  • 鼻を強くかみすぎる(中耳炎や鼓膜が破れる場合もあります)
  • 念入りに洗髪や洗顔をしてかえって肌を弱める
  • 寝付きが悪くなり、睡眠不足になる

シーズン前に対策をすることで花粉症の症状は軽減できます

もし花粉症の症状が出なければ、今よりも症状が軽ければ、とお悩みの方も多いと思います。実は毎年花粉症に悩まされている方でも、シーズンより少し前からお薬を飲み始めることで症状を軽減することができます。

効果・負担額の両面で処方薬の方がメリットが多い

花粉症の治療を市販薬で済ませてしまう方も多いと思います。 たしかに処方薬の場合、医療機関に受診する必要がありますので、手間をかけたくない、なかなか時間が確保できない方にとって市販薬は大きな味方です。

ですが、処方薬の方が医師が一人ひとりの患者さんを診察の上で薬をお出ししますので、お悩みの症状に対して的確に治療できるのは間違いありません。また、負担する費用の面でも、実は処方薬の方が市販薬に比べて少なくてすみます。

薬の効果や負担額の両面で処方薬の方がメリットがありますので、できれば例年市販薬ですませている方にも今年は処方薬での花粉症対策をおすすめします。

シーズン中は花粉がつきにくい服装をしましょう

花粉症は花粉を吸い込まないことが何よりも大切です。 天気予報などで花粉情報を事前にチェックしておくとよいでしょう。

マスクを付けることで、くしゃみの回数を減らすことができます。 花粉専用マスクを使用すれば、吸い込む花粉量を減らすことはできますが、さらに細かい花粉を予防するためにマスクの内側に湿らせたガーゼを重ねると良いでしょう。

目のかゆみにはメガネが有効です。 最近では花粉症対策のメガネも登場しております。 何より花粉ができるだけ身体につかないようにすることが重要です。

新しい治療法があります

最近スギ花粉によるアレルギー症状に対する舌下免疫療法が注目されています。
花粉症では花粉に接することにより、体内に抗体が作られます。
花粉がその抗体と結合し、体内の細胞(肥満細胞)に働きかけ、ヒスタミンを分泌し、くしゃみ、鼻水などの鼻炎症状を引き起こします。
症状が出てから使用する薬はヒスタミンの作用を抑える薬が多く、根本的な治療ではありません。

それに対して、身体を少しづつ抗原(花粉)に慣れさせて、アレルギー反応をおこしにくくするのが、舌下免疫療法です。
舌下免疫療法ではスギ花粉を原料としたエキスを、1日1回少量から舌の下に2分間保持し、その後飲み込むことを繰り返します。医師の処方のもと量を増やしていき、最終的に約70-80%の人に症状改善効果があるとされています。

ただし長期間(少なくとも2年できれば3年以上)の継続治療が必要であり、また花粉症のシーズンに始めることはできず、スギ花粉が飛散していない時期に、医師の監督のもと始める必要があります。

今後花粉症のシーズンが過ぎて症状がなくなった時が、根本治療のチャンスです。症状が強い方は考えてみてはいかがでしょうか。