練馬区 大泉学園 循環器内科 生活習慣病 高血圧 不整脈 高尿酸血症(痛風) 動脈硬化 糖尿病 インフルエンザ予防接種

大泉学園駅より徒歩4分の内科・循環器内科|小野寺内科クリニック

  • 平日:9:00~12:00、15:00~18:00
  • 土曜:9:00~12:00
  • 休診:木曜日、土曜午後、日・祝

症状が出てなくても油断大敵!高血圧症

長期間血圧が高い状態が続くことを高血圧症といいます。高血圧症になっても、すぐには自覚症状が出ない場合が多いですが、この状態が長く続くと、血管に負担がかかり、いろいろな臓器でトラブルを引き起こします。中でもダメージを受けやすいのが心臓・脳・腎臓です。

高血圧症になると、心不全・心筋梗塞・脳卒中(脳梗塞・脳出血)や腎不全といった生命を脅かすような病気になる確率が高くなります。また血管に常に負担がかかるため、血管が硬くなり、動脈硬化も進行しやすくなります。

高血圧の症状

高血圧はサイレントキラーとも呼ばれ、症状がほとんど表れません。高血圧と診断される直前から肩こりがひどくなった、頭痛がするようになったという方もいますが、無症状の場合も多いです。

健康診断や、自分で血圧を測定して見つかることも多いですが、症状が軽いため診察を受けないまま放っておいてしまう方が多いです。

高血圧を引き起こす危険因子

塩分の摂りすぎや肥満、喫煙などが高血圧の主な危険因子です。

高血圧は生活習慣の影響が大きいため、生活環境をきちんと整えることによりコントロールすることができます(正常な血圧に保つことができる場合もあります)。

心臓や血管を健康に保つための治療

高血圧の治療は、まず第一に生活習慣を改善することです。
その基本は、減塩、適度な運動、減量、節酒、禁煙です。

高血圧治療の目的は、血圧を下げることそのものではなく、将来の心臓や血管の病気の予防すなわち心疾患(心不全・心筋梗塞)や脳卒中(脳梗塞・脳出血)を防ぐことにあります。具体的な治療は、血圧の高さのレベル、また高血圧以外の心臓や血管の病気のリスクがどのくらいあるかによって分けられ、治療方法は変わってきます。

<低リスク群>
生活習慣改善を治療の中心として行っていきます。生活習慣の改善を3ヶ月続けても血圧が140/90mmHg未満に下がらない場合は、薬による治療をあわせて行っていきます。

<中リスク群>
まず生活習慣の改善から取り組んでいきます。低リスク群より早く、1ヶ月後に140/90mmHg未満に下がらない場合には、降圧薬治療を合わせて行っていきます。

<高リスク群と重症高血圧>
直ちに生活習慣の改善と薬物療法を同時に始めます。